海外ではいろいろ試してみないと。コールラビ

日々の食事の買い物は相方にほぼ任せている。
最初、ここに来たばかりのときはまずは一緒にスーパーマーケットへ行き、
こちらの手順などに慣れて、次は空いている時間帯の市場に挑戦。
これも会話の練習にもなるし度胸も付く。

海外暮らしもしばらくするとこちらに無い食べ物が恋しくなる。
変わった物も食べたい。
なんでもありの東京の生活に慣らされてしまっているからだ。

そんなこともあり、市場もスーパーでの買い物も相方に頼み
自分は買わないびっくり食材で食事を作る。
ある日は・・・・
「カブを買って来た。カブだと思う」
カブは煮て良し生で良し、大好きで食べたいと思っていた野菜。
コールラビだった。
c0175975_18455335.jpg


百科事典でしか見た事無い。
市場で見た事あるが、食べ方を考えるのが面倒なので手に取った事が無い。
こうやって無理矢理買ってくるとやらないとね。
まず半分に割ってみる。キャベツの香り。
皮が硬そうなので、厚く剥いてみる。カリフラワーの芯を剥く感じ。
薄切りにして生で食べる。
大根よりもさくさくしていなくて、カブのような甘み。
火を通してもカブのような滑らかさは無い。
煮崩れしそうもないので、野菜のうまににしてみる。
サラダもいいと思う。

中国スーパーでパックのうどんも見つけて来た。
日本では長期保存のパック入りは買った事が無かった。
1個60センチモ。乾麺とは違った味わいのでこれはうれしい。
2度目に大量買い。
c0175975_1846734.jpg

c0175975_1981046.jpg


中国スーパーには中国からの輸入品で気持ち悪い食材がたくさんある。
何年も前に訪れた雲南省の田舎の
想像を遥かに超えた「便所」も体験しているぐらいだからと、
チャレンジできることはしてみる。
すごく安いので消費期限を確認してから、
油で揚げていない食材に関しては買ってみても良い事にしている。
残す子孫もないし、「以外といけるじゃない」と喜んで食べれば問題ない。
  (私たちの場合はね)
と、お気楽でないとダメな部分もあるのだよ。
 
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/17797419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by efendi at 2012-04-11 00:27
おぉ、コールラビというんですか。最近こちらでも市場で多く売られており、どうせカブだろ、と買った当初はその皮の厚さにどこまで剥いていいものか悩みましたが。生でいただきましたかね、今思うとポン酢で食べたいような感じですが、煮ても良いかしら、ちょっと調理方法を調べてみる気になってます♪
Commented by patronistaT at 2012-04-11 02:57
カブや大根を千切りにして堅めの柿の千切りをオリーブオイルと少しのビネガーで和えるとおいしいですよ。最近はこっちでもぐちょぐちょでない柿が手に入るのでやっと食べる事ができました。きっとね、イチジクの乾燥でもいいと思います。
今回、コールラビは人参、レンコン(冷凍物)、厚揚げ(中国屋)、鶏肉で煮付けました。
大根のようなカブのような冬瓜のような、なんとも中途半端な感じです。
でも、ちょっとブームの予感です。いろいろ試してみます。
by patronistaT | 2012-04-09 19:11 | 食べる | Trackback | Comments(2)