ついにダウン・・・そして病院

c0175975_024353.jpg


先週土曜は古くからの友人の誕生パーティーに参加。
彼は父上の不幸や年老いた親戚の世話などで
人生に疲れてしまいもう何年も誕生日を祝う気になれなかった。
数年ぶりに笑ってその日を迎えられてホッとしたものだった。

月曜は天気もよかったので日頃積もった戸棚の埃を掃除。
あぁ、やけにクシャミがでるな。埃と花粉症の相乗効果か。
と、思っていたら夜中に発熱。
翌日になって本格的に熱は上がる。
水曜日、相方も発熱。
仕方ないので朝一番に近所の診療所へ。
風邪、インフルエンザで病院へ行ったのははじめてだ。
順番待ちをしている患者はそう多くはなかったが、
相方の大げさに感じる咳にちょっとたじろいでいる様子の人もいたように
感じたのは私だけかな。

医者は感じのよい50代ぐらいの男性で、
「完治する薬はないが、現状を和らげる物を出すからね。
水分補給をしっかりとして、食べやすい物を食べるように。
あとはしばらくはベッドのなかで安静に。」とのこと。
わかってはいたんだけどね、でもなにかプロのアドバイスが他にあるかと思ったわけ。
でもね、言葉の問題があるから、病院へ行くのは逆に寿命が縮まるほど緊張する。
こう、判りやすくにこやかに説明してくれると今後の病院訪問に自信がついてくるというものだ。
私たち二人はそれぞれに同じ薬の処方箋をもらい、近所の薬局へ。
同じ薬だから2箱づつ買っても仕方ないので1名分購入。
アセトアミノフェンと痰の切れを良くするアセチルシステインの2箱で
1,30ユーロ。本日、大人1名分の医療費は以上です。
今なら約136円。
公立の病院だと医療費は無料。
相方が尿管結石になった時も、
以前、セビリアに旅行中に失神して救急車で運ばれた時も無料。
(東京で救急車を利用した時に保険証を携帯していなかったので、1万円請求された)
お願いだから、税金払うから医療費有料にしないでください。
死ぬよりガンになる方が怖いなんて考えたくないから。

そして、今日は相方の発汗で大量に出た洗濯物を始末。
まだ、室内待機状態。もう食べる物がほとんど無い。
発熱がこんなに続いたのは子供の頃以来。
参ったな。町中に住んでいてよかった。

さて、今年は冬になる前に予防接種することにしよう。
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/17486879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by citron7a at 2012-02-18 08:15 x
もう、大丈夫なんですか?
どうぞお大事になさってくださいね。
私は今年は予防接種はせずに、気合いでがんばっています。
このまま暖かい季節に突入できればいいんですけど。

ゆっくり、しっかり、休養なさってくださいね。

Commented by patronistaT at 2012-02-18 19:09
こんにちは。 仕事しなけりゃならないので、家の中だけでゆっくり動いています。今日の昼食に何食べようかと思案中です。ちょっと体力つけないと。
Commented by efendi at 2012-02-20 01:04
二人ともダウン、とは大変でしたね。
しかし不謹慎にもその医療費には羨望、でした(笑 私は今回の不調で2万円ほどかかってしまい、国保加入でも痛いぞ、と思ってます。
インフル流行りですね、本当に自己管理に気をつけないとと思いました。。。どうぞお大事に。
Commented by patronistaT at 2012-02-20 06:07
そうなんです、しかも私が先だと余計に面倒。
相方が先だと、「次は私か...」と、買い物とかしてくるんですがね。
残った台所掃除、洗濯、仕事もみんな私がやらないと。
家にいるのは飼いならされた巨大猫です。
医療費に関してはホントに感謝です。
今はダメなようですが、留学生、不法移民でも無料で医療が受けられました。人としての最低の条件と言うのでしょうか。
おかげで海外から治療にきちゃったりするんですよ。
これが財政を圧迫する理由の一つでもあります。
去年から日本との年金協定も締結されて
不況と言えども改善されることも有るのが救いです。
by patronistaT | 2012-02-18 00:30 | 日記 | Trackback | Comments(4)