世界のFreixenet その2

Freixenetの創立は1861年。
1930年代に北米のマーケットを拡大始める。
フレシネの広告の歴史
ちょっとしたパーティなどで気軽に飲めるスパークリング・ワインとして定着させた。
工場見学では、最初にフレシネの歴史についての短編ビデオを見る。
アメリカで放映されたCFの数々に驚く。
今は亡きポール・ニューマン、ライザ・ミネリ、キム・ベーシンガー、ローレン・ハットンもいたかな。
アメリカが華やかだった頃のそうそうたるメンバー。
さすがアメリカのCMはゴージャスで大人っぽい。

キム・ベーシンガー編


2010年バージョンはシャキーラ


2008/2009年はシンクロナイズドスイミング
スペインでシンクロと言えばジェマ・メングアル。彼女はカタルーニャ出身。
カバももちろんカタルーニャ。


シャロン・ストーン&アントニオ・バンデラス


ポール・ニューマン編
ファンの方がテレビをビデオで撮影したんでしょう。
画像がひどいけど、大ファンだったので・・・。


シャーリー・マックレーン&ミゲル・ボゼ
2人とも若い!


フレシネは創立者から3代目で経営はすべて身内。
今後、「グッチ」みたいに崩壊して乗っ取られたりしないように。
友人曰く「カバ」という名称は登録商標されていて
カタルーニャ以外は発泡性のワインにこの名前を使用は禁じられているそうだ。
固有の商品を守り付加価値をつけるには必要なこと。さすが、抜け目ない。
だから、日本も「スパークリング・ワイン」なんて呼ばないで「カバ」にしようよ。

ここまでフレシネを宣伝しておいて、実際に買うのはコドルニウのAna。
さて、もうすぐ飲めるねぇ。
コドルニウも工場見学可。
でも、駅から遠い、でも入場料が安くて建物が素晴しい。

駅を離れた町の様子はこんな感じ。
c0175975_1424958.jpg

c0175975_1431838.jpg

あちこちにワインやカバのボトル。

c0175975_144638.jpg

ワイン長者もいた事だろう。

c0175975_1453512.jpg

もちろんレリーフは葡萄。
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/17112322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patronistaT | 2011-11-20 01:51 | 郊外へ | Trackback | Comments(0)