世界のTDKがスペインに

c0175975_21545654.jpg

今ではこれが何なのか知らない人もいるだろう。
これはカセット・テープという物。
レコード(これも見た事無い?)のようにA面とB面があって、
音声が録音できるようになっていた。
私もたくさんもっていた、でも一つも残っていない。
そしてカセットテープといえばTDK(東京電気化学工業株式会社)。



このTDKがスペインの地中海沿岸のマラガに新しく工場を作るそうだ。
工業ができれば400人の雇用も増える。

「新工場で製造するパワーコンデンサーは、風力発電機や太陽光発電施設のほか、
送電効率を改善するシステムにも使われる。新工場は最先端製品の研究開発の拠点となる。
TDKは新工場の建設に約2000万ユーロ(約22億円)を投資した。
フル稼働後の年間売上高は5000万ユーロ(約54億円)以上を目指すという。
(2011年11月6日09時10分 読売新聞)」

円高で輸出関連は打撃を受けているが、
最近は武田製薬がヨーロッパの企業を買収したというニュースを聞いた。
今がチャンスという考え方もある。
高い失業率と借金まみれのスペイン。
日本の企業の進出で雇用が生まれるのはちょっとうれしい気がする。
しかもスペインが力を入れている自然エネルギー分野だし。

今月11月20日はスペイン総選挙が控えている。
2期続いたPSOE政権も、今回は保守政党PPに変わるだろうと言われている。
8年前の劇的な変化が懐かしい・・・・。
さて、どうなるでしょうか。
がんばれ、スペイン、ヨーロッパ。
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/17063215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mChouette at 2011-11-07 10:50
こちらにも。
懐かしいナァ、TDK。あっという間にCD。それも気がつけばいまやiPadやらiPodやら…まぁ便利ですけどねぇ、引っくり返してもう片面きいていたあんなアナログの頃も懐かしい。でもテープは全部処分してしまったわ。
ギリシャ、イタリアのみならずヨーロッパはかなり深刻なんですネェ。進出する日本も同様なんですけどね。
でも雇用が生まれれば町も活気づくし、ともかくも元気でHAPPYでありたいと思うこの頃です。
Commented by efendi at 2011-11-09 06:45
ちょっと景気の良い話ですね、私が今住まう国で求めているような(笑
T製薬は昨年こちらでも開業しましたよ、医療関係が目をつけるのが当然の闇雲なお国事情もあり、でした。
どこの企業もその国の弱点を調べて進出してきますね、ま、それで国の活性化につながるのはいいことだと思いますけど。
でもどこの海外駐在員も同じ傾向にあると思いますが、異国の文化・風習に馴染むには時間がかかりますのでローカル社員(日本人)の雇用条件をもう少し見直して欲しいものだ、と常日頃思いますよ。。。
Commented by patronistaT at 2011-11-09 23:54
mChouetteさん こんにちは
ラジカセのプレイスイッチを半押しにして、再生音を遅くしたり早くしたりして遊んでいました。よく道にバラバラになって飛び出して絡み付いたテープが風になびいたりしてたです。
いよいよ、ベルルスコーニ退陣ですね。
おもしろいキャラクターではありましたが。
Commented by patronistaT at 2011-11-10 00:01
efendiさん、こんにちは。
地中海に面した国々は困った状況ですが、
トルコの近くのトルクメニスタンって今、注目されているそうで。
首都があんなに立派だったとは。(世界不思議発見でやってました)
もう、華僑がごっちゃり移民して商売初めているんでしょうね。

ローカル社員って現地採用者のことですか。待遇悪いそうですね。
働きは日本国なみを要求するんでしょう?
賃金もどうしても円に換算してしまいますよね。
今は円高だし苦しいときでしょう。
by patronistaT | 2011-11-06 22:10 | 日記 | Trackback | Comments(4)