う〜さぎ うさぎ

2010年が寅年だったことは1年間すっかり忘れており、
当然、平成何年かも覚えておらず、
数年まえから十二支の順番もあやしくなってきた・・・。
今年は卯年だったのか。
実はクリスマス、お正月があまり好きではないので、
ごく普通に、しかも、今年はお餅も買ってなかったし、
ホントに普通の日と同じように、忙しく仕事して過ごした。

いまさら、新年の挨拶なんて野暮なので、
私のウサギコレクションで初めて見る。
でも、ウサギが特別好きってわけでもない。
ただただ、ボロッちい物、かわいそうな感じの物、
情けない物、そんな物が好きなだけ。

c0175975_2554025.jpg

ウールの湯たんぽカバー。
なんどか洗濯されたようで、適度な縮絨ぐあいが懐かしい感じ。
頭の形がかなりきちんとしているので、家庭で手作りされた物ではないだろう。
耳のサテン。このサテンが最近のとはちょっと違う。
どう違うかって、それはなんとも説明できないんだけど。
ガラスの目玉に、首にはウサギの毛皮。

小学校の頃、同級生が真っ白なウサギの襟巻きをしているがうらやましくてうらやましくて。
母と祖母におねだりしたけど、無駄だった。
祖母は縫子さんを従えて洋装の仕事をしており、
母はキリッとしたタイプ。親子ではなく義母と嫁の間柄だったにも関わらず
子供に着せる洋服の趣味は同じ。
ピンク、赤、フリル、キャラクターなんて私の洋服ダンスにはなかった。
そう、1枚だけ「アタックNO,1」の鮎原こずえのプリントのパンツだけは特別に買ってもらった。
どういう訳か、ウサギからパンツにすり替わってしまった。
これで今年も右往左往する年になるのだろうか・・・。

   今年もよろしく。
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/15787656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by citron7a at 2011-01-19 23:44 x
今年もよろしくお願いいたします。
湯たんぽカバー、ちょっとコワイ感じに見えるのは何故でしょうか・・・。

幼稚園のとき、真っ白ウサギの襟巻きしてましたよ。
お口がクリップになっていて、パクっとしっぽ部分をくわえるんですよね。
いつのまにか、どっかにいっちゃいましたけど。。。
懐かしいです。

Commented by patronistaT at 2011-01-20 03:09
こんにちは
ちょっとこわい、たぶんそれは目が飛んでるからでしょうね。
笑っていない目ですね。
ユースケ・サンタマリアの目がこんな感じ?(ごめん)

そのウサギの襟巻きですよ!
たまにそのスタイルでキツネが見つかるんですが、
顔が本物のキツネでちょっと悪趣味だけど、好きなんですね〜。
Commented by efendi at 2011-01-21 23:06
今年も宜しくお願いします。
こちらも同じく平成何年なのかさっぱり分からず、日本の祝日祭日もあやふやでありますよ。
その年の干支のグッズを持つと縁起が良い、と聞いたことがありますよ、ウサギは女子にとっては無難ですよね(笑
湯たんぽカバーですか、なんとも暖かそうな感じで良いですね(愛
Commented by patronistaT at 2011-01-24 02:20
こちらこそよろしく!
平成23年にかなりびっくりしました。(いまさらですが)
平成になったとき旅行中で日本にいなかったので、実感がないのでしょうか?
私のカレンダーでは成人の日は15日のままです・・・。
by patronistaT | 2011-01-19 03:19 | アンティーク古道具 | Trackback | Comments(4)