<前後左右に気をつけろ!!  自転車に苦言!>

1ヶ月ぐらい前のこと。ちょっと危険な出来事に出くわした。
近所の車の通りの少ない道でのこと。
道のほぼ中程で立ち止まり、立ち寄りたい店のウインドーを遠目に見ていたら、
2mぐらいの間隔に2人連れがいたので、「見えないな」と、
一歩前に進んだら、ものすごい衝撃で倒れそうになった。
2人連れと私の間を自転車が通り抜けて、私にぶつかってきたのだ。
一瞬ほんとに何が起こったのかわからなかった。
乗っていた青年の方が頭を直撃。しかも怒鳴られた。
あとで気がついたら、ペダルが足に当たって少し擦り切ず。
なぜか、こういうときに「キャー!」とか声が出ない。
そのかわりに、なぜかなぜか、謝ってしまった。
近所は一方通行が多いので車のくる方向には気をつけているのに、
その自転車は逆走してきたのだ。
    ぐぐぐぐやじい・・・・。自転車の奴にもそうだが、
                                                謝っってしまった自分にも。

旧市街は道幅が狭いにも関わらず、人も多いし、自転車も多い。
市が運営しているbicingの他に、観光向けの貸し自転車もどんどん増えた。
危ないんだ〜!!!!!!!!!!
日本だと自転車も一方通行に従わないといけない。
たぶんこっちも同じはず。
旧市街をでも運転している連中はその自覚がない者が多いと思う。
幅が3、4mぐらいの道は自転車の通行が禁止だと聞いた事もあるけど。
自転車は人力なのでエコな乗り物ではあるが、
散歩道ではたびたび暴力的な乗り物に変身する。
すり抜けられるからって、歩いている者のすぐ脇を通り抜けないでよ。
危険なんだから。
人の速度より早い乗り物が近づいていることをアピールして欲しいな。

バルセロナもこれ以上、観光向けの貸し自転車業に許可出さないでくで〜。

  
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/15442104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by efendi at 2010-11-17 00:59
それはそれは、、、大事に至らなくて良かったですね。
しかし、自転車ってのは自分も使用者として通行人の横を通る際は降りて手で押す、もしくは速度を緩め車道に下りる、が規則です。
怒鳴るってのはひどいですね、偉そうに(怒)観光客なんですか???
貸し自転車ってのは乗る場所を選ばないといけませんよね、市の対応ってのは遅そうですが、、、苦情を申し立てる意義はありますね。
Commented by patronistaT at 2010-11-19 18:24
こんにちは、おかげで半日頭痛が続きました。
顎からパンチ食らった状態でしたから。
あいては地元の若造でした。
私の見たところでは、観光客だとスピード出さないんですよ。
1〜2人連れだと周りを見ながらフ〜ラフ〜ラ。
自転車ツアーだと、先の人に遅れまいと周りを見てないし、
10人ぐらいの列が通り過ぎるときは道路を横断できないです。
おそらく1日に飼い犬のチワワ1匹はひき殺されているんでは?
by patronistaT | 2010-11-12 04:57 | 日記 | Trackback | Comments(2)