<寒くなりました・・・>

寒くなってきた。
日本は台風が近づいたり、急に寒くなったりと
夏に続きおかしな陽気のようですね。
我が家は今日はじめてストーブを点火。
以前、中目黒に住んでいたとき、
「暖房なしでいつまで暮らせるか!」と、
くだらないことに挑戦してみたところ、1月半ばまで耐える事ができた。
バルセロナの冬の方が東京よりも暖かだが、
石造りの家は底冷えがする。足下にカーベット1枚あるかないかの違いが明らか。
「我が家のすてきな木製の窓枠」はすきま風に弱い・・・。
ここでは1月まで耐えるなんてとてもとても。


新しいパソコンを買った。
我が家の5代目マック。
1代目はLCシリーズだったか。なんとそれ以来の新品!
旧パソコンはiBook G4 中古で購入して5年ぐらい使用。
今度のMac Book Proは画面がまぶしくて真夏の太陽のよう。画面がパッキリ!(しすぎ)
もう1ヶ月ぐらい触っているのでだいぶなれていきたが、
最初は叫びながら触っていた。

フランスから友人が来たり、パソコンが来たり
そんなこんなで、ブログをアップする暇もなく、時は過ぎもう冬。
c0175975_335583.jpg

内容とは関係ないけど、なんとなくあったかい感じの写真でも付けてみた。
カップは3年前にベルギーで、
スプーンは毎度毎度のゴミ市場にて。
ソーサー付きのマグやコップってなんだか好き。
こっちでは、カフェでカフェ・コン・レーチェやコルタードを注文すると
ガラスの素っ気ないコップが、ごく普通の陶器の白いソーサーに乗ってくる。
そのスタイルが大好きなのだが、もう時代遅れなようで、
おしゃれなカフェでは見る事がない。

スペインではフランスで使うようなカフェ・オレ・ボールは滅多に見かけない。
なぜかポルトガルのリスボンではたくさん売っていた。
でもスペインの映画で、山に住む少女が家でカフェオレ・ボールで飲んでいるシーンを見た。
ボールを包み込むように抱えて手を温める。
スペインでも田舎や寒い地方では使うのだろう。
家で使う雑器なので、カフェでは使わない。
スリッパを外履きにするようなものだ。あたらしいスタイルならアリかもね。
古いもの、古い映画を見て、古い音楽を聴きながら
                      そんなこと考えたりするのが面白い。
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/15431637
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gyuopera at 2010-11-10 05:59
あ、このカップ&ソーサーかわいいですね!ブリュッセルのあの市?このデザインのフォークは私も持ってましたよ。かわいいですね。やはり、同じところで(笑)。
スペインでは50年くらい前までは、一般のカフェオレボウルよりもう少し大きめのボウルにミルクを入れて、パンなどしゃぶしゃぶやって食べていたそうです。だから、カフェオレボウルじゃないけれど、大きめのボウルが時々見つかります。
フランス人の息子のnobiaは、我が家に来た時、うどんのどんぶりをカフェオレボウルに使っていましたよ。
Commented by patronistaT at 2010-11-10 20:52
gyuさん こんにちは。そう、あの市です。
午後になって段ボールから漁るのが楽しみでした。
もちろんフォークも例のあそこです。
スペインも使っていたんですね、でも町では廃れてしまったのでしょうか?
我が家はいまだにカフェオレ・ボールがご飯茶碗なんですが、(とほほ)
逆にうどんのうどんのどんぶりにカフェオレは!!!すごい。
安旅館の水玉ちゃわんにカフェオレなんてポップでおしゃれかも。
Commented by efendi at 2010-11-11 04:04
カップもスプーンも可愛いですねぇ。
なんだか、このところ心に余裕が無く、アンティークショップでなんか癒しグッズでも買いたい気分になりました。
しかし、こちらは日中25度近い暖かさで本当に異常かと。地震前の野生動物の如く危機感ってのを肌で感じて暴飲暴食中(笑)
我が家の窓枠も木製だったりして(最近はどんなボロ家でもサッシです)隙間風はすごいんですが、暖房効かせ過ぎ(集中暖房)なんで換気の必要があるので隙間風入って丁度いいようなかんじです。
Commented by patronistaT at 2010-11-11 23:42
こんにちは、efendiさん。
でも、天気がいいとなぜだか余裕な気持ちになりませんか?
わたしなんか、朝おきていい天気だと、急ぎの仕事があっても
なぜか余裕〜、ってあとから焦るんですがね。
お宅も一酸化炭素中毒にならない安全なお宅ということで。
by patronistaT | 2010-11-10 03:36 | 日記 | Trackback | Comments(4)