<ある夏の日の窓から>

c0175975_23324746.jpg

だれだ!パンを撒いたのは。
こういう事をするのはたいていお年寄り。
毎年、バルセロナはハト公害に悩まされている。

c0175975_2344236.jpg

男同士 タンゴを踊る2人
それを撮影する仲間
それを見て拍手を送る近所の人

c0175975_23443521.jpg

昨日の夕方、急に雨が降り出し、どしゃぶりに。
どしゃ降りと共に飛び出したのは
近所に住むパキスタン人の少年。
夏休み、どこへも連れていってもらえないの?
全身に雨のシャワーを浴びて楽しそうだった。
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/14946075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yasasin at 2010-08-15 21:30 x
いつも思っていたんですが、素敵なお家に引っ越されましたよねぇ。
こうやって窓の外を眺めることが出来る、私の理想です。
昔、Smokeという映画で主人公のオーギーが毎朝8時、同じ場所で写真を撮り続け4000枚もの写真を眺めながら語った言葉をふと思い出しました。こういう街角、お宅の窓からの眺め、素敵です。
Commented by patronistaT at 2010-08-16 19:45
Yasasin さん バカンスはいかがですか?

ね、素敵でしょう!
  なんて、実はかなりヤバい地域なんですよ。
最近は観光客もここまで来るようになりましたが、
2週間に一度はひったくりの野次馬になれますよ、このテラスは。
先日はなんだか大騒ぎでパトカー4台来てました。
見かけよりも落ち着いた場所ではないんですが、
なんだか劇場をみているような雰囲気が好きなんです。
Commented at 2010-08-18 09:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by g0316 at 2010-08-19 22:20
窓からの雨と街灯と石畳・・小さな傘をさす女の子!
なんだかむかぁしまだ外国が身近でない時代に見た
70年代後半から80年代前半のnon-noやmoreという雑誌
の中の1ページのようです!!
あはは!
海外の景色は当時本当にウットリしました♪
Commented by patronistaT at 2010-08-20 02:25
g0316 さん
non-no more 懐かしいです。moreの創刊号買った覚えがある。
たしか黒人モデルが表紙だった。

実は傘をさしてるのは、かわいい少女ではなく
上に住んでるうるさいくそガキでした...。
by patronistaT | 2010-08-13 23:51 | 日記 | Trackback | Comments(5)