<ボブレノウ共同墓地/Cementerio de Poblenou>

c0175975_372887.jpg

先月、POBLENOUの共同墓地へ行ってきた。
毎週に第一と第三日曜にガイド付きの墓地めぐりがあるのだ。

この墓地はバルセロナの近代の共同墓地のなかでも一番古く最初は1775年に作られた。
その後、ナポレオンの部隊によって破壊され、
1813年にイタリア人の建築家に再建された。
もう、いろんな興味深い話が盛りだくさんな中で
とても以外だったのは、バルセロナの墓地に必ずある
引出し状の墓は実はとても古いということだ。
墓地の敷地は3〜4に別れており、入り口に一番近いスペースに
その引出し状の墓が団地のように並んでいる。
たいていの外国人は「遺体を引き出しに入れるなんてな」
と、思うようだけど、これは死後はだれでも平等であるようにとの
その当時では進んだ考えから考案されたものだったそうだ。

c0175975_384686.jpg

  最近リフォームされた物はガラスと金属の窓付き。
  賃料を滞納している墓には、督促状が貼られていることがある。
c0175975_311252.jpg

  ブロンズのレリーフ付き。ランプの装飾が多く見られるのは
  暗い世界に灯りをともすため。
c0175975_320437.jpg

  造花の献花が多いのは陽射しが強く乾燥した気候からきた習慣だろう。
  墓地の入り口には生花の出店もあった。
  写真左端の奥にハシゴが見える。キャスター付きで上の階の手入れもできる。
  だけど、高齢者には危ないな。
c0175975_3253232.jpg

c0175975_3101556.jpg

その墓団地を通り過ぎると、美術館かとおもうぐらいの
美しい彫刻の数々・・・。
こちらの方が時代は新しい。
産業革命が起こり、繊維産業で儲けたブルジョアたちは
死んだあともその財力を利用して見せつけたかった。
  ここで発想が逆行してしまったんだね。
以前、知り合ったフランス人の芸術家の言葉、
「芸術活動にはお金がないとね。」
「民芸」というのもあるけど、
美しい物を作り出すにはある程度の財力は必要だな。

この墓地はモデルニスモよりも古い時代の物なので
装飾もバルセロナの市内で目にするのと、ちょっと雰囲気がちがう。
ネオ・ゴシックっていうのだろうか、もっとおどろおどろしい感じ。

ブルジョアの墓石はまた次回で・・・。


バルセロナの墓地のサイト

他に面白いサイトをみつけたので。
私が行った事あるのは田中絹代、開高健、佐田啓ニ、ダリぐらい。
私も「墓マイラー」かも・・・。このサイト、ちょっと感動・・・!
世界の墓地
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/14862635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by humsum at 2010-07-30 04:08
おはようございます!!
来訪ありがとうございます!!
スペインからのアクセスだったのですね..
東京の街も懐かしいでしょうね..

イグ君さんのブログがリンクされていました..
イグ君さんとは、もうかなり長い付き合いになります..
写真勉強に通っています..

最初にお尋ねしたのが、墓地ですが..
なんて素敵なんでしょうか..
飛行機が駄目で海外旅行は、夢のまた夢なんです..
また、お邪魔したいと思っています..
リンクをお借りしていきます..

Commented by patronistaT at 2010-07-30 04:31
こんにちは
子供の頃から東京、千葉なのでやはり東京は懐かしいです。
変わりすぎちゃって、なんだかな〜、とも思いますが、
東京が大好きです。住んでたのにあんまり町探検しなかったので、こちらバルセロナでは東京も分も町探検に励みます。
Commented by kanotoi at 2010-07-30 16:06
この前テレビを見ていたら、マドリッド近郊の墓地が映っていて、ナレーターの女性が色々説明をしていたのですが、このナレーターの女性名前は忘れましたが、スペインでは有名らしくて墓地専門にナレーターを何十年もやってるそうで面白かったです。意外とヒターノの人たちの墓がゴージャスだとか聴きました
Commented by patronistaT at 2010-07-30 17:26
へぇ、ヒタノの墓見てみたい。
好みではないけど、彼らはいつもダンディなスタイルだよね。
車にもお金かけてるし。
この日、テレビの取材があったんです。インタビューをお願いされたけど、緊張して余計に話せなくなるので断りました。
あちらにとっては墓を見に来る東洋人なんて珍しかったと思います。
Commented by g0316 at 2010-07-31 11:57
ぉぉぉ・・・
私も墓マイラーかも・・・
うちの近所には多磨霊園があるのでかなりの有名人が
わさわさ眠っておられます。そんな環境からか墓地は怖いもの
という感じはないのです。
世界の墓地・・・・・やばい!
家に帰ってからゆっくり見ます!お気に入りにも追加します(笑)

↓ペコちゃんもQ太郎も怪物君もコピーなの!??
すごく驚いたぁ~
Commented by patronistaT at 2010-07-31 17:44
g0316さん こんにちは
すごいでしょう、リンクのサイト。有名な墓の地図とかあると
うれしいですが、悪さをする奴もいるのでだめですね。
もう少し涼しくなったら別の墓地も探検します。
Commented by Yasasin at 2010-08-07 19:46 x
夏の墓地めぐりというのは日本で言うと「怪談で涼しく」という風情がありがちでしょうが、バルセロナの墓地は素敵ですね、怪談とは程遠いです。
それにしても毎日暑いですよ、イスタンブール。40度は超えてて湿度もあって体感温度はかなり高めです(汗)
Commented by patronistaT at 2010-08-08 04:48
Yasasin さん おひさしブリです!
トルコの墓地ってどんなかんじでしょう?
イスラム系の墓はみたことないです。
イスラム教とキリスト教の墓はまったく別になっているんでしょうか?
こんどトルコの墓地マイリお願いします!
Commented by makrele at 2010-08-19 05:11 x
こんばんは。
素朴な疑問・・・。お墓アパートのなかは、遺体が埋葬されているのですか?
それとも骨だけ?
なんか感覚的にとても不思議。合理的?なのかしら。
ドイツは土に埋められて、その上や周りをお花で飾るのが一般的です。

骸骨の後姿、ちょっとセクシーだとおもいました。
彫刻としてとても美しく見えます・・・。
Commented by patronistaT at 2010-08-20 02:28
makrele さん こんにちは。
箱の中はどうだっけ・・?忘れてしまいました。
たしか焼いてから、また戻すと聞いた様な気がします。
他のヨーロッパの方たちはこのお墓はとても不思議にみえるそうです。
上にも書きましたが、お墓アパートの方が歴史が古いんです。
死んでからは身分の差がなく皆平等と言う事で
イタリア人建築家に考案されたそうです。
ある意味合理的でしょうね。
by patronistaT | 2010-07-30 03:27 | 古い建物 | Trackback | Comments(10)