<ガラスのシャンデリア・パーツ>

c0175975_20473968.jpg

スペインはガラス工芸が盛んなようで、
ヨーロッパでもスペインスタイルのシャンデリアは古くから人気が高かったと聞いたことがある。
いったいどんな形がスペインスタイルなのだろう?
自宅になくても、シャンデリアを見る機会は以外とたくさんある。
内部を公開している邸宅や、市庁舎、そのほかの観光施設にアンティークショップなどなど。
でも、デザインの違い以外にはっきりした違いが判らない。
以前、ブリュッセルとベルリンへ行った時に見たシャンデリアは
スペインでよく見かける物に比べてぐっとシンプルだった。
シンプルで荘厳さが足りない感じ。
なら、ガラスがたくさん付いていて、縦長で、アームがガラス製とか
豪華、荘厳、重厚なのがスペインスタイルなのかな?

写真はハンドメイドのガラスパーツ。
しずくのふくらみが大きくてレンズのよう。
バルコニーの向こうの風景が逆さまに映っている。
ちいさなパーツのなかに小さな世界が閉じ込められたようで、
しばらくじっと見ていたくなる。
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/14766686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mimijean at 2010-07-14 16:49 x
*こんにちは。
写真のパーツ、すごくきれい~。いいなぁ。
これは、patronistatさんのもの?ほんと素敵。一目で気に入りました。
うつっているバルコニー向こうの風景が、柄のように見えてこれまたすてき。

サッカー優勝おめでとう。
私はサッカーは見ない人なのですが、この日は、友人が見ていたので、一緒に見ていました。
Commented by patronistaT at 2010-07-14 18:42
mimiさん こんにちは。
こんなガラスパーツ、たくさん持っているんです。
近所にシャンデリアの修理をする店もあるので
繋ぐためのシルバーの針金を仕入れてリメイクしたりもしてます。
ペンダントにしても素敵ですが、顔に当たると痛いです(笑)

私の周りは日本でもスペイン優勝で盛り上がりました。
私がこちらにいるのと、来た事がある人が多いからでしょう。
やっとユニフォームに星がつきました!
by patronistaT | 2010-07-13 20:59 | アンティーク古道具 | Trackback | Comments(2)