<鑞の花/flor de cera/ワックス・フラワー>

c0175975_21442197.jpg

ロウでできた花輪。
初聖体の時に頭に飾るもの。
マットで陶器よりも暖かく繊細な感触がたまらない。
日本語で「ワックス・フラワー」
スペイン語で「flor de cera」で検索すると
どちらも本物の植物が出てくる。
でも、まったく別の花なのが面白い。
スペイン語の「flor de cera」のほうがロウでできているように見える。

c0175975_21533816.jpg
これが「ワックス・フラワー」

c0175975_21535730.jpg
こちらが「flor de cera」仙台の七夕飾りみたい。

どうして花輪をロウで作るのか、知りたかったんだけど情報が見つからない。
初聖体の後に火にくべて供養や浄化したりするため?
実際に体の悪い部分をロウで作って、火にくべて祈る事をする聖地がある。
 たとえば、手や耳の形の型をロウで作ってある。
日本やアジアだと水で清めることが多いから
川や海に流したりするように、火が浄化作用をするからなのか?
そうそう、我が家の近所は何世紀も昔、小さな工場が多かった。
その中に「蝋燭職人」が多数済んだ通りがあり、
いまでも通りの名前に「蝋燭」が生きている。

結局、どうしてロウで花を作る習慣があるのかは判らないけど、
こんな2種類の花を知る事ができたから、まあいいか。
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/14441487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by suga_bear at 2010-05-25 05:13
本当に仙台七夕の飾りですね。うん、こっちの方がワックスっぽいです。それにしても奇麗な花輪ですね。いいなーこういう習慣があるのって。
Commented by citron7a at 2010-05-26 20:14 x
わー、キレイ~っ!!!
ホント、キレイですね。
頭に飾るなんて、想像しただけで、美しくて清らかな感じがします。
素敵ですねー。




Commented by patronistaT at 2010-05-28 02:07
suga_bear さん こんばんは
しかも、この丸い方のワックス・フラワーは蔓植物なんです。
ちょうどキーウィーやブドウみたいな感じの蔓。
ネットで検索するとたくさん画像がでますが、
不思議な花ですね。
Commented by patronistaT at 2010-05-28 02:08
citron7a さん こんにちは
今ではほとんど、布で作ったコサージュに変わってしまったようですね。
たまに見つけるとすごくうれしくなります!!
by patronistaT | 2010-05-23 22:16 | アンティーク古道具 | Trackback | Comments(4)