<アンティークなヨーロッパのアパートメントに住む/電気編>

今回は少々長いです。
古い(ボロい)家に興味をお持ちの方はどうぞ。

c0175975_0335522.jpg
友人宅から見える部屋、ここは窓もきちんとリフォーム済み。友人宅は我が家同様古い、冬は寒そうだった。



先週からほぼ家に缶詰状態であった。
理由は電気工事。
私の住んでいるアパートは築100年以上。
目の前の広場は少しだけ姿を変えてしまったが、
このアパートだけは100年前とほぼ変わらない。
大きく変わったのは住人と部屋の中だけ。
じゃ、どこが変わっていないかと言うと、
   外見と階段。
かなりのボロである。



このアパートに再び入居したのは昨年の10月。
スペインは電気、電話、水道料金は2ヶ月または3ヶ月毎の請求。
電気会社の担当がアパートに1階共有とても狭いスペースに
メーターに表示された数字を記入する紙を貼って行く。
指定された曜日までに記入すれば、1週間程度で銀行引き落としされる。
もし、不在や記入を忘れてしまったとしても次回に記入すればいい。
私は毎回きちんとメーターの使用料を記入していたのに
待てど暮らせど、電気料金の請求が来ない。
「電気会社に電話しようかな〜、説明するの面倒だし。」
と、思いつつ数ヶ月経過。

アパートがかなりボロなので修理するのに
管理の不動産屋に電話したところ、
「電気の請求はきましたか?」
「まだ来ないんですが・・・」
「まだ、問題ないから大丈夫です。」
 (何が問題ないの???)

そしてそれから、しばらく経ってアパートの狭い階段で工事が始まった。
ある日、工事のおじさんが来て
「次はあなたの部屋の工事だからね、
      どこに差し込みが必要か考えておいてね。」
そういえば、前に電気工事の見積もりの為だと言って、
男性3名が家に来て、全部の寸法を測っていったっけ。
どこに差し込みが必要かって、もう既にあるし使っているんだから
問題ないと思うのだが。変えるとなるともしかして
配線は壁の上に出ちゃう訳?
このアパートは古いけど、1960〜70年頃に変えてあるので
電気、ガスの配管は全部壁の中。
以前住んでいたアパートはペンキ塗装のみの内装だったので
全部、壁の上に見えていた。
たぶん、ガス、電気、水のうち、
集合住宅に水道が引かれた歴史が一番古いからだと
思うけど、水道管が壁の上にあるのは見た事がない。
(ちなみに我が家にはガス管の設備がない。)

さて、工事が始まった。
毎朝8時半に電気工事のおじさんがやってくる。
たずねてみたところ、やはり配線は壁の上につけるそうだ。
見た目は悪いし、ホコリはたまるし、嫌だな。
日本でも古い木造の家は布に包まれたコードを白い陶器の絶縁パーツで
柱に留めたりしてた。こっちでも同じ。
だから、陶器やプラスティックのスイッチの底がU字にえぐれて、
または削りやすいようになっている。

各部屋の天井当たりにある12cm角のプレートを取り外し
その中にある配線のつなぎ目から全部新しいコードに取り替えて、
2cm巾のコードを通したレールを壁の隅に留めつけて行くのだ。
もちろん、家具もなにもかにも工事ができるように撤去。
おかげでこの2週間家の中はドリルで開けたレンガや石の粉だらけ。

このとき、なぜ電気料金の請求が来ないのかやっと理解した。
実は・・・、
以前の住人が電気料金を滞納して電気と契約を止められてしまった。
でもどうして電気が問題なく通っているかと言えば、
階段の共有狭いスペースの配線から勝手にいただいていたわけだ。
私達はそんな事は知らないし、賃貸契約のあとに
不動産屋が電気の契約申請をすると言っていたんだから。
現行の規格にのっとらない配線やガス管では賃貸契約してはいけない。
もちろん電気設備は大家の管轄。いっさい経費をかけたくない大家は
ず〜〜っと古いままでほったらかしだった。
しかし、電気会社が点検に来たんだろうね、きっと。
それで工事が始まったわけ。
使い放題で支払っていなかった電気料金の請求はされないらしい。
メーターも旧式で使われていないものだし、
第一、電気の契約がされていないのだから。
半年以上も電気代無料!
これから、電気会社をとおして新しいメーターが取り付けられたあと
初めて請求が来る。
このアパート9世帯あるが、
私達のほかにも電気代払っていない世帯があるそうだ。
新しいブレーカーは冷蔵庫、洗濯機、照明、差し込みに別れたもの。
実は私はこのタイプのブレーカーを持つ家に住んだのは初めて。
以前も築50年とか80年とかの古い木造ばかりに住んでいたから。

旧市街にはまだまだこんなアパートがたくさんある。
今でも電気のメーターを改造して
使用料金をちょろまかしている家もあると思うよ。
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/14276742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mimijean at 2010-04-30 19:42
*こんにちは。
parisも請求は2ヶ月に1回です。定額を毎月もあると聞いたことあります。うちは2ヶ月に1回。

半年以上も電気代無料なんてよかったですね~。
友人も以前、引っ越して以来、全然電気代が来ないって話してました。
なんでも前の住人が建築家だったらしく、電気のメーターが動かないようにしてたらしいです。それで、そのまま引越していかれたので、彼女が入居した今もこないそうです。

所で、写真の壁に写っている影…煙突ですか?なんか、その周りに人がいるみたいな影。。。?
Commented by patronistaT at 2010-04-30 20:16
mimijean さん こんにちは。
ここ数日はそちらもいい天気でしょう?

フランスにもあるんですね〜、そういうこと。
以前、日本でも電柱から無断で配線して電気を盗んでいたってのを
聞いた事があります。
こっちで不思議だったのは、電気やガスの契約が
個人に付くと言うよりも、物件に付くんですね。
だから、以前の住人が滞納していると、契約をあらためてやり直さないといけないです。

影は風景を見ている私と友人です。右のはなんだろう??
by patronistaT | 2010-04-29 23:57 | 古い建物 | Trackback | Comments(2)