幸せの始まりはここから/サンタ・マリア・デル・マル教会

c0175975_2172277.jpg

近所をウロウロしているとたびたび見かける風景。
サンタ・マリア・デル・教会の隣に駐車してあるピカピカの車。
c0175975_2181241.jpg

豪華なロールス&ロイスもあれば
ちょっと小洒落たミニも素敵。
そう、教会の中ではいま、結婚式の真っ最中なのだ。
ひと回りして戻ってくると、新郎新婦登場。
ロールス&ロイスはこちらのお二人の移動用。
c0175975_2194067.jpg

新婦は韓国人のようですね。
美しい民族衣装を後から撮影していると、
新郎が気が付き、彼女も振り返った。
「おめでとうございます!」とスペイン語で声をかける。
新郎はおそらく私がアジア人なのでよけいに感じよくしてくれたんだろう。
新婦は色白のとても美しい女性でした。
c0175975_21101836.jpg

カジュアルなミニのウエディングの新婦&新郎は
車もミニで軽快な演出。
ミニのドレスにシ短いチュールレースのヘッドドレスなんか
かなりおしゃれでいいな。
記念撮影のカメラマンの背後からお邪魔した。
どちらもお幸せに!!

スペインの結婚式の参列客は日本に比べてカラフルだ。
日本で結婚式を挙げた友人は出席する女友達に頼んだそうだ。
「あれば振り袖でお願い!」
男性客はほとんどがブラック・スーツだし、
女性でも黒っぽい服装が多いので地味になりがちだ。
やはりおめでたい事なので華やかにありたい気持ちは良く判る。
こちらだと、夏場、女性参列客はかなりのパーセンテージで
華やかさを(安価に)演出するためか、柔らかな素材のショールをまとっている。
昼と夜の寒暖の差が激しいので、夕方の急な温度変化にも対応できるし。
年配の女性も明るい色のスーツにハイヒールという、
なんだか日本の年配の女性が忘れてしまいかけたエレガントさを持っている。
イメージとして野球の野村監督の奥様がたくさん参列している感じかな?
そして、普通のこちらの結婚式は夜中または朝まで続く・・・。
残念ながら(そうでもないけど)そのような一般的な結婚式に招待されたことがない。
  たぶん、朝まで続く歌とダンスには耐えられ得ないだろう・・・。
まったく日本人以外の民族はエネルギーがあるな。

それでも町を歩いていて、新郎新婦を見かけたりするのが大好きだ。
軽いハプニングでとても得した気分になる。
昔、セビージャへ行ったとき旧市街をマントを羽織った楽団と一緒の
カップルを見かけたことがある。
自分に結婚願望があるわけでもないのに、
なぜか笑顔になり、去って行く集団を遠くまで見送っていた。

妹が結婚したのはもう10年以上も前。
式は教会で行い、
そのあとシルクハットをかぶった紳士の運転するハイヤーまで歩いて行った。
日常にいる訳がない花嫁が道を歩いているようすが
今、思い出してもとても印象的だ。
たまたま通りかかった小学生に声をかけられて、
ドレスの裾が汚れないようにたくし上げて、照れながらお礼を言って歩いて行った。
新郎新婦の衣装はすべて私がつくったのだが
こだわりがあって、「ドレスの丈は裾につかないこと」だった。
トレーンは豪華過ぎる、できればカワイイ花嫁にしたかった。
身動きが自由にできるドレスで、できれば披露宴は芝生の庭。
そして、教会から披露宴会場まではリボンを付けたオープンカーで
後に空き缶をつけて〜、というリクエストのうち、
最後の「オープンカーに空き缶」は却下だったけど。
私は当日でも衣装替えなどいろいろやる事があり、
あまりの忙しさと疲労で披露宴会場になった
イタリアレストランの食事を一口もできなかったのが悔やまれる・・・。
花嫁を見ると、いつもこんな思い出がよぎる。
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/12119470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yasasin at 2009-08-12 22:19
夏はそちらも結婚式シーズンでしょうか?
こちらも週末は特に新郎新婦の乗った車がクラクションをかき鳴らして通過するのを目にします。
私の姉の結婚式は9年前、身内は休む暇なく式場を駆け巡って新婦のためにこき使われた記憶アリ(笑)当然、料理の味も品目も記憶にないですね。日本の結婚式とトルコのそれとは大きな違いがあり、私は形式ばった日本のものよりトルコの方が温かみを感じますが踊って歌っての大騒ぎ好きな部分のみは嫌いであります(笑)
ウェディングドレスを手製というトルコ人の友人が何人かいましたが、そういう部分はかなり憧れますけどね。(自分が着たいかどうかは別ですが)
Commented by patronistaT at 2009-08-13 02:02
yasasin さん バカンスを満喫されたようでなによりです。
実は私、妹が3名おりまして、内2名分の衣装を用意いたしました。しかも自腹・・・。正直言って現金の方が楽です。
デザイン、パターン、生産、縫製の作業に加えて責任が〜。
私も自分で着てみたいと言う気持ちは全くないです、
今までもこれからも。(これからはある訳ないですが)
Commented by suga_bear at 2009-08-14 12:09
お姉さん手作りの花嫁衣装なんてすごくいいですね〜。
私、ウェディングドレスは作った事ないんですけど、絶対、衣装作る何百倍も緊張しそうです!
by patronistaT | 2009-08-12 21:12 | 日記 | Trackback | Comments(3)