さよなら'80s 永遠の微笑み

c0175975_52464.jpg


毎日お昼にはテレビをつける。
日本で言うNHK、午後2時に地元カタルーニャのニュース。
そのあと、ちょっとしたワイドショーのような番組がある。
夜のニュースの時も同じ。
日本と違って国営放送が芸能ニュースを流すのだ。
パリスがどうしたとか、ビヨンセがああだのとか。
カンヌ映画祭での出席者のファッションや
日本ではあまり見る事のできない海外の有名人の様子が流れる。

「ultima hora」というテロップで
ファラ・フォーセットの映像が流れた。
癌による闘病生活が続いていたのは知っていた。
25日、享年62歳
私はファラが出演していた「チャーリーズ・エンジェルス」を
一度も見た事がない。そのあとのシリーズから見るようになった。
毎月買っていた映画雑誌で彼女の歯を見せた笑顔のポスターを見た時は
ものすごく新鮮で、世の中の女性観の何かが
ちょっとだけ変わったのを子供ながらに感じた気がした。
「歯」を見せた笑顔なんて、その当時はほとんど無かったんだから。
映画は2本見ている。特に印象無し。
「サターン3」はカーク・ダグラスが筋肉ジジイなのが気持ち悪く、
若いハーベイ・カイテルの顔が嫌いだった。
ファラのことはほとんど覚えていない。
そのぐらいどうでもいい(ゴメン)女優だった。
でも、時はながれて、'80sがノスタルジーを感じるようになってから、
映画のワンシーンで部屋にあの有名なポスターが貼ってあったり、
「チャーリーズ・エンジェルス」がリメイクされたり、
あの頃の、なんとも言えないセンスがすごい物に感じることもある。
ほんとにファラは'80sのシンボルだったんだ。
どんどん時代が過ぎて行くなぁ。
      
    合掌
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/11824931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mchouette at 2009-06-26 14:30
朝のニュースで報じられていた。おなじくマイケル・ジャクソンが急死と重なったから世間はマイケルの方で大騒ぎでしょうね。
ライアン・オニールとの関係が救われるわ。
彼女の出演作ってあまり観ていないけど、彼女は知っている。というかこういう顔って好みかな?
この頃のヴォーグのモデルなども、こんな風にカキッとした顔立ち。女らしいというよりも筋肉を感じさせる美っていうのかな。
>どんどん時代が過ぎて行くなぁ。
実感。
友人が一人癌で亡くなり、一人は骨髄移植手術。若さを過信していた時代が過ぎていったなぁ。
patronistaT さんもご自愛くださいね。
Commented by yasasin at 2009-06-26 16:14
このところ、こういった訃報が多いような気がするんですがマイケルも遂にお亡くなりになりましたね、これまた80年代の栄光です。
80年代フリークを自称してますが、たぶん私よりも一回り年下の子たちには実感が湧かないんでしょうね。
こういう話をする相手をつい探してしまうと同じ年代になるんですよ(笑)
80年代最高、歌も映画もどうしても80年代が輝いて見えてしまう、私もかなり歳を取ったんでしょうね(老)
Commented by patronistaT at 2009-06-26 21:00
mchouette さん こんにちは
ファラのイメージは80年代の自立、自身に満ちた女性の
先駆けでしょうね。セックス・シンボルと言われながらも
ボリュームのある体つきではなく、野性的でもあり、
おそらく女性からも指示を得たんだと思います。
じっくり思い返すと、ほんと自分が昔の人のようです。
いや〜、自分もこんなはずじゃなかったんだけど〜、
もっと若い時は「年をとっても美しくはつらつと!」
なんて言っていましたが、実際に年取るとなぁ〜。
Commented by patronistaT at 2009-06-26 21:03
yasasin さん 
ビューティ・ペアをご存知だったので
同世代なのがばれちゃいましたねぇ〜(笑)
自分の中では80年代は今の自分に近いので
ちょっと気恥ずかしい時代。
私の郷愁をそそるのはまだ子供だった70年代です。
でも、こう80年代がもてはやされると、やはり輝いて見えますね。
ちょうど仕事を初めて東京コレクションも盛り上がっていた頃だし。
Commented by au_petit_bonheur at 2009-06-28 09:53
ファラ・フォーセット、私も作品はあまり見たことないけど、
この大きくカールしたロングヘアー、流行りましたね。
雑誌のモデルもこんな髪が多かった。
おかっぱにしようと美容院に行っても、どう言っても
レイヤーの入った髪になることが多かったです。
 「歯」を見せた笑顔なんて、その当時はほとんど無かったんだから。
そう言われれば、そうですね。
↑年をとっても美しくはつらつと!なんて思ったことのない
若かりし頃が哀しい私。(当時も美しくもはつらつともしてなかったかも)これからなら言えるか?いえいえ。
でも、海外の女優をみると、しわがよっても、首がたるんでも
表情がいきいき見える人が多くてあこがれます。
私も働き始めたのは80年代。やはり近い?
まだまだこれから、ってことにしておいてください。
Commented by patronistaT at 2009-07-08 22:54
au_petit_bonheur さん
こっちはテレビCMで年配の女性が出る物が多いような気がします。
でも、保険とか薬とかばっかりではなくて、化粧品や香水などでも。
こっちの方が女性の賞味期限(?)が長い様な・・・。
by patronistaT | 2009-06-26 05:06 | 日記 | Trackback | Comments(6)