卒業制作 2009

c0175975_1943216.jpg

激動の夏がやって来てしまった。
卒業制作に急な引っ越し、それが終わるとまたコレクション。
私の卒業制作はもう遥か昔の事なので、
今が学期末のスペインの学生の手助けをしている。
服飾学校の学生が作品作りを依頼してくるのだ。
何年も前にベルギーのかの有名な服飾学校の特集を見た事があるが
今は絵を描いたり、洋服を作るよりもプレゼンテーションに力を入れているそうだ。
おそらく世界的な傾向かもしれない。
ふ〜ん、だから卒業制作をプロに頼むのか。
生徒によってはデザインが得意だけど、パターンはさっぱり・・・。
パターンは得意だけど、デザインは平凡・・・。
それよりもコーディネートの方が得意、など色々タイプもあるだろう。
去年あたりから、そういう学生の依頼の仕事が増えてきた。

デザインを勉強しているとは言え、仕事としてはまだ素人。
絵は描けても全体的なイメージがなかったりすることもある。
そういうときは、こっちが勝手に解釈してもそのまま受け入れられてしまうことも多い。
学生の頭のなかのモヤモヤ状態を、すっきり形にしてみせる事が私の仕事になる。

今回、作ったのは写真のベスト。
着れる着れないは別問題として、彼女のデザインはわりと考えられていると思う。
何がやりたいのかはっきりしていると言うか。
パターンは本人が作ったもので、私は縫製だけ。
どうも、私が絵を見てイメージするシルエットとパターンが食い違う。
修正してあげたい所だけど、それをやってしまうと勉強にならないので
パターンの通りに縫う。ちょっとは直したけどね。
こうして作っていると、自分がパタンナーになりたての頃、
思った形にどうしてもならなくて、頭と手がチグハグに感じていた事を思い出す。
今では全く別のブランドになってしまった昔の職場が
一番の勉強の場所だったことに感謝する。
そう言えば、社長が無くなって1年ぐらいになるかな。
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/11802339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gyuopera at 2009-06-23 07:11
こんばんは。卒業制作の依頼のお仕事でずいぶんお忙しかったのですね。卒業制作をプロに頼むっていうのもありなんですね。
スタイル画を見てパターンを起こして実際の服に仕立てる、すごいお仕事ですね。すでにパターンがあって、それで服を作るのに比べ、相当な経験と技術がないとできないんじゃないでしょうか。
ところで、お引越しなさったんですか?Bornから別の所に?
Commented by patronistaT at 2009-06-23 17:56
gyuさん こんにちは
プロと一緒に仕事をして勉強することもあるとは
思うんですが、中にはいろんな学生がいて・・・。
 引っ越しはこれから、この夏は大騒動です。
歩いて移動出来るぐらい近距離への引っ越しです。
Commented by kebukai at 2009-06-23 20:27 x
こんにちは、L'Hospitaletに住んでいるスペイン人です。
僕はコンピュータ系で服のデザインは良く分からないんですが、「すごいブログ」としか考えられない。カタロニアの文化や習慣などにも詳しいし、普通のスペイン人でも分からない所も訪ねているようです。
僕は日本語はまだまだですけど、時々読みにきて見たいです。
Commented by patronistaT at 2009-06-24 01:20
こんにちは kebukaiさんですか?
peludoさん?  長い事、東京で暮らしていましたが、
「今度、行くから。」と、結局ゆかずに、無くなってしまった
古い建物がたくさんあります。
せっかくバルセロナの旧市街に住んでいるので
無くなりそうな習慣やお店をブログの中でだけでも
保存しておきたかったりするんです。
私もいい年して、まだまだスペイン語は勉強中。
これからもどうぞよろしく。
Commented by mchouette at 2009-06-26 14:17
>ふ〜ん、だから卒業制作をプロに頼むのか。
プレゼンに力をいれてるって、それって基礎というかベースがだんだんとおろそかになってくってことではないかしら?
世界はますます表層的かつイメージ先行に向かってるって事だよね。
日本だけではないんだ。
映画観ていても、そういうのって凄く感じるな。
材料をそろえても生煮え状態とか、並べましたってだけとかね。
生地を知るにも縫製を知らないといけないんでは?って思うけど…
と言い出したら愚痴になる。「ふ~ん、そうなんだぁ」ってところで終っておきましょう。
でもデッサンからイメージつかんで、縫製って、ものづくりって技術と感性と想像力を求められる世界ですよね。
日本を離れバルセロナに飛び出したpatronistaTさんに拍手したくなるわ。
Commented by patronistaT at 2009-06-26 21:07
mchouette さん
>生地を知るにも縫製を知らないといけないんでは?って思うけど…
と言い出したら愚痴になる。「ふ~ん、そうなんだぁ」ってところで終っておきましょう。
実際、私もそう思ってます。
でも、こう大企業のアパレル時代になってくると
勉強しても就職口がなさそう・・・。
パターンもCADシステムが使えないとだめだし。
シャネルの時代のほうが何でも新鮮でよかったのかも。
自由過ぎるよりも制限があった方が、意欲も出るし。

飛び出したというか、流れちゃったというか・・・.
Commented by mimijean at 2009-06-28 18:40 x
*こんにちは。
卒業制作をプロに頼むなんてありなのですか。。。?
少し驚きました。
私達の時は、デザインから縫製まで全て自分でしないといけませんでしたから。
Commented by patronistaT at 2009-06-28 19:27
mimijean さん こんにちは
・・・ありみたいですね、近頃は。
私の学校ももちろん、全部自分でやりました。
今時、縫製なんてさらっと知っておけばいいんでしょうね。
by patronistaT | 2009-06-22 19:44 | 仕事 | Trackback | Comments(8)