<仕事部屋から・・・>

c0175975_2348613.jpg

年末年始は少々体調不良でなんとも集中力不足・・・。
最近になってやっと今までのやる気を取り戻してきた。
今月半ばのコレクションの準備の舞台裏をちょっと見せちゃいます。

2年前にAndres Sarda(バルセロナの下着メーカー)の仕事の時に
オールインワンを作ったが、今度はEl Delgado Builからもオールインワンのご注文。
前に作ったと話ししたのを忘れていなかったらしい。
しかもほとんど伸縮性のないベルベットで・・・。
全身のマネキンを持っていないので頭のなかのマネキンに着せてみるしかない。
80年代に流行ったハイレグのオールインワン。
色はサーモン・ピンク。
裁断中は塩鮭を連想したりして、ちっともお洒落なムード無しですが。
でも、オレンジシャーベットのようなかわいい色。


今週からはオーガンジーのパンツ 両脇はウエストから裾まで
ず〜っとレースアップ。1着のパンツになんと鳩目100個以上!
約1時間、鳩目撃ちっぱなし。
肩が凝った・・・。縫うより面倒。

もともとメンズのパタンナーなのでオーガンジーなどの縫製には不慣れなのだが、
バルセロナでEl Delgado Builの仕事を依頼されてからだいぶ習得してきた・はず。
なんでもやってみるもんです。
熟練の技まで行くには根性と忍耐でしょう。
あとどのぐらいやれば匠になれるのでしょう。
       たぶん、無理です・・・。
しかし、何でも屋も重宝されるし、やりがいもあるので
憧れの職人になれなくてもいいかな?と最近は思うようになったのです。
やはり、パタンナーの醍醐味は
どんなデザインがきても、デザイナーの頭のなかにあるイメージを
実際の形にすることでしょう。
本来は難問がくると燃えるタイプですが
以前に比べると不完全燃焼なのがちょっとね・・・。
年齢と共に着火材が湿ってきたようで、これではいかんです。



スペインで売られている物にはあまり文句を言わないほうで、
たいていの物には満足している。
   ただ、仕事の道具に関しては
手に染み付いた重さや動きの感触が大切なので日本から持ち込んでいる。
ハサミ カッター 定規 指ぬき 消しゴム 両面テープ
できればメンディングテープ、セロテープ、テープカッターも日本から持ち込みたい。
一番頭にくるのは、シルクピンが太い!しかも先端がひっかかる。
そろそろ、カッターの替え刃も乏しくなってきた・・・。



にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へランキングに参加しています クリックで応援よろしくおねがいします。
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/10858335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chibiume at 2009-02-12 01:01 x
こんばんわ。
お仕事お疲れ様です。大変そうだけどなんかこだわってるって感じで
すごくうらやましいです。日本では経営難の関係で休みの調整がはいり
大変なことになってます。。。(そのうちの一人ですが)

とうとうバルセロナに行ってきました。今日帰国してきたところです。
3日間でしたけどずっと快晴で世界遺産をみて毎日パエリアを食べては
バルセロナのよさにどっぷつかってきました。
ホテルも旧市街地だったので雰囲気もよかったです。
町を歩いててあたらしめの建物もありどうなっているのかな?と思っていたら2個前の話のように店によって建て変えてるんですね。。。
十分満足はしましたが、やはり古い建物の良さは変えないで欲しいですね

カタールニア音楽堂に行った時間が遅くて入れなかったのと
1人のホテルマンの態度がちょっといやでしたがそれ以外はかなり満足でした!!!(ホテルマンには英語もできねーのか!って馬鹿にされた感じでした。。。わかんなかったので雰囲気ですが)

主に地下鉄での移動でしたがかなり便利でほんとよく利用しました。

色々ありがとうございました。
Commented by patronistaT at 2009-02-12 01:14
chibiumeさん さようなら そして おかえりなさい!!
週末にいらしたんですね、運がいいです!
ずっと天気が悪いんですから。今日も午前中だけ晴れて、
今は昼過ぎ 曇っています。
旧市街にお泊まりだったんですか、便利でよかったでしょ。
カタルーニャ音楽堂はもう15年以上中に入った事がありません。
とほほですが、いつもコンサートへ行くタイミングを逃しています。
日本ではカサルス・ホールが取り壊しになるとか、
パウ・カサルスはカタルーニャのチェリストなんですよ。
戦争中もこのカタルーニャ音楽堂で反戦の意味を込めて演奏を続けたという
話を聞いています。
Commented by suga_bear at 2009-02-12 02:24
一つの事にすごーく秀でている職人さんには憧れるけれど、何でもこなせるのは絶対すごい事だと思います。今は本当に流行によって、経済状況によってデザインや素材が変わりやすいし、「この人の所に行けば大丈夫」って思われるのは素晴らしい事ですよね。お話読んでいて、私も頑張らなくっちゃと思いました!
日本の文房具はやっぱり最高だと私も思います。指ぬきってこっちでは被せる式なので、私はリング式に慣れちゃっているので、絶対日本から買って来たり送ってもらったりしてます。(結構すぐなくすんですよね)
Commented by patronistaT at 2009-02-12 02:40
suga_bearさん こんにちは
最近ですね、こういったブログなんかで知り合った面識のない
方々に励まされることが多いんです。傷つけられている
若者も多いメディアですが。
指ぬき!!!これは絶対に日本式に限る。
糸切りハサミもです。
慣れた道具でないと、ストレスもたまるし
スムーズに仕事がこなせないですよね。特に単純作業が。
我が家では「私のハサミとカッターに触らないで」
と、いつもうるさく言うので相方に神経質だと思われています。
ハサミがパーに開いているとすごく頭にきます!!

Commented by yasasin at 2009-02-12 19:24
文房具、日本に勝るものはないでしょう(断言)
確かに、日本にいた当時はドイツ製のものをよく仕事道具に使ってましたが(設計業)、今じゃほとんどがCADなどの機器になっており、こういった文房具を使用することも少なくなりましたけど。
ノートやペンの類は私も日本から持ち帰ってますよ、トルコ製なんて下手すると一月持たないですから(故)
Commented by patronistaT at 2009-02-13 22:49
yasasinさん
同じ事を私も断言です。
「カッターの刃が切れ目の無い所で折れた・・・」
と、こっちに住んでいた日本人の友人が言ってました。
私は最初からこっちの文房具を信用していないので
がっかりする事もありませんね〜。
だから、まあまあ満足です。
Commented by sono2006 at 2009-03-01 23:33
メンディングテープだなんて懐かしい!!
パタンナーの人と実際にお話したことはないけど、僕らの業界と似てますかね。こちらは自動車デザイン。僕はデザイナーで常にモデラーと仕事してます。とにかく形が具現化するのが醍醐味ですよね。
やっぱでも日本の方がなんでも揃ってますね。
イタリアの方が割と揃ってるかなあ。透明両面テープとかあるし。
こちらもカッターの替え刃を調達せねば。。

Commented by patronistaT at 2009-03-02 02:55
sono2006さん こんにちは
デザイナーでも車のデザイナーさんでしたか!
私は元々メンズのパタンナーなのですが、デザインに制約があるところが
仕事していて面白いです。
車もかなり制約がありますよね?タイヤは3個か4個だし。
明日、帰国するのでカッターの替え刃買ってきます!!
by patronistaT | 2009-02-11 23:55 | 仕事 | Trackback | Comments(8)