<昔のおしゃれは大変なのだ ドレスに着物>

c0175975_1315527.jpg


こんな面白い絵を見つけた。
転んだご婦人には悪いけど、横のおじさんは得した気分。
そして、私も得した気分。
おしゃれにポーズをとっている女性の絵は見かける事はあっても
こんな姿は滅多に見られない。

スカートの裾を広げて、ウエストを強調し女性らしさを出す為に
クジラのヒゲや生地でテープを作ってボーンを作った。
それにしても、なんとじゃまくさい。
都市部の人口は今に比べて少なかったとは思うけど
それでも、すれ違ったり、階段を降りたり、こんな風に馬車に乗ったり。
日本の着物も帯や袖口がドアノブに引っかかってうっとうしいと思う事があるけど、
着物で過ごしていた時代の日本の住宅には
ドアノブなんてなかったんだから、椅子の背もたれもないし。
じつは昔の洋装の方がよっぽど窮屈かも。
お金持ちほど動かなくていいし、権力の象徴として形がデフォルメされる傾向にあるので、
時代によっては横に広がったり、後へ広がったり。

そして、話題は急に日本の民族衣装へ方向転換。

日本人は時々着物を着る事はあるけど、
欧米人は民族衣装を着る事はまず無い。
洋服が欧米の着衣の文化だと言ってしまえばそれまでだけど、
そうとは思えない。現代の洋服は世界の文化。
もちろん日本もかなり重要な貢献をしている。

着物は昭和あたりから変化が無い気がする。
着衣は年々変わって当たり前なのに、
着物が冠婚葬祭の着衣になってしまってからちょっと変。
バッグは持っても、靴は履かない。
とっくに日本髪は無くなって、
ものすごいヘア・ピースつけるのに帽子はかぶらない。
スカートやパンツのデザインや色柄に変化があるように
日常の着衣になっていれば変化しても当然なのだ。

実は、日本では目立つから着物を着るのに勇気がいる。
外国だと他の移民も民族衣装を着ているのであまり気にならないのだ。
着物を着て、他の日本人と目が合ったりすると
ちょっと気恥ずかしかったりして・・・
以前、ものすごく山間部の田舎に住んだ事がある、
着付けの訓練の為に日々、着物で過ごしていた時があった。
周りに広がる日本の田園風景に
  私の着物のコーディネートはかなり浮いていたのであった・・・。
やっぱり着物は都会に似合う。
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/10834196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yokation at 2009-02-09 15:25 x
おひさしぶりです☆
1年前にバルセロナにいったときにお世話になりました!
お元気そうでなによりです。
確かに着物を着るのって注目浴びそうで恥ずかしいですよね。
もっと堂々と着たいものです。でも最近は着物に目覚める若者多いみたいです。ファッション雑誌等でも取り上げられたりして。。
ブログ読んでるとバルセロナ住みたくなっちゃいます!!!
実は絵をとても習いたくてバルセロナで有名な絵画学校あれば教えてくださ~い!!
Commented by gyuopera at 2009-02-09 17:35
あ、この絵ですね! 笑っちゃいました! 後ろのおじさんも楽しそうな顔をちょっと隠している感じ。スカートの中の構造がよくわかりますね。
このご婦人は長パンツ見たいのはいてなかったのかな?それもまくれあがっちゃったのかな?
19世紀終わりくらいのバルセロナの庶民のアパートの入り口って、すごくせまいじゃないですか。ああいうところには、こんなスカートでは入れなかったのではないかと思いますね。
それにしてもファッションとは面白いものですね。
Commented by citron7a at 2009-02-09 21:04 x
おもしろーい!!
転んでる女性が、若干、白目をむいてる感じがまたいいですね。
おじさんも笑いこらえて、口元抑えたりして。

田舎のほうが着物が似合いそうな気がしてました。
以前、お茶を習ってた時は着物を着る機会もあったので、
普通に歩いてましたけど、確かに着なくなってしまうと、恥ずかしい気もしてきますね。
Commented by yasasin at 2009-02-09 21:31
ウェディングドレスもそうですけど、中に装着する骨組みには鬱陶しさが否めません(笑)
着物の合理性というものについて、何かで読んだことあったんですけど、日本女性の清楚さと礼儀正しさには着物が一番である、と。
足を広げられなければ腹いっぱいに食べることも出来ず、背筋はピンとしたまま、という苦痛を美しさと言い換えると確かに着物は全身下着のようでありますが(笑)
Commented by patronistaT at 2009-02-10 00:20
yokationさん こんにちは お元気ですか!
もう1年ですか、早いものです・・・。
美術の学校ですか、たくさん有るようなんですが、どこがいいのかな?
Llotja(リョッチャ)は有名です。
http://www.xtec.es/ea-llotja/
でも、スペイン語かカタラン語がわからないと難しいです。
英語でも大丈夫かな〜?
また 書き込みしてくださいね。
Commented by patronistaT at 2009-02-10 00:23
gyuoperaさん こんにちは
そういえば、下着が見えないですね。
実は短い下着が最先端で思いっきりお洒落して履いていたら、
転んじゃってすごく恥ずかしかったとか・・??
ドアの木枠のささくれにドレスを引っ掛けたら
破れるでしょうねぇ・・・。
Commented by patronistaT at 2009-02-10 00:25
citron7a さん こんにちは
今では着物は都会のほうが似合ってます。
都会のファッションは何でもアリ!ですから。
田舎で着物着てると
「変わった人だねぇ〜」と言われますよ(笑)
Commented by patronistaT at 2009-02-10 00:27
yasasinさん こんにちは
着物で思いっきり大股開いてミシンがけしてました〜。
ぎっくり腰の時は着物は楽です。
帯が重量挙げの選手のベルトの役目を果たします。
そして、以外に夏は涼しいのです。
Commented by makrele at 2009-02-10 03:13 x
こんばんは。
オヤジのエロイ微笑がなんともいえない味を出していますね。
これが日本だったら、きっとこの時代下着なんてなかったでしょうから
もっと大変だったかもしれませんね。
民族衣装、ドイツでもミュンヘンのあたりは根強く残ってますよ。
有名なオクトーバーフェストのときなどには、
民族衣装に身を包んだ人たちがビール運んでます。
あとは、私は詳しくないんですがそれぞれ地方によってあるみたいです。
っといっても結婚式で着るようなことはもうないでしょうけどね・・・。
Commented by ravannemariko at 2009-02-10 05:17 x
確かに面白い絵ですね。昔の洋装は大変だったのですね。着物は特別な日に着るものになってしまっていますね。柄に流行があるようですが、古いのが着れないわけではないし、特別な日にはいいかも知れません。

Commented at 2009-02-11 02:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by patronistaT at 2009-02-11 04:45
こんにちは その方mixiで見ました。
部屋は心当たりがあるので、友達に連絡しておきました。
がんばってますね〜!
Commented by patronistaT at 2009-02-11 05:36
makrele さん こんばんは
オクトーバーフェストってドイツでしたか、アメリカだと思ってました。
アメリカのはドイツ系移民のお祭りなんでしょうね。
>民族衣装に身を包んだ人たちがビール運んでます。
これはウインナーのシャウエッセンのCMを思い出してしまいます(笑)
Commented by patronistaT at 2009-02-11 05:38
ravannemariko さん お久しぶりです お元気ですか?
そちらもまだ寒いでしょうね。
そうだ、2月はカーニバルですね、一度その時期にベネチアへいってみたいです。
Commented by mchouette at 2009-03-11 09:45
ご無沙汰です。NHK・BSでジェラール・フィリップの「肉体の悪魔」をみてすっかりジェラール贔屓になって、彼の出演作をみたり、そのあとアメリカアカデミー授賞式前で過去の受賞作品が放映されていて、コッポラの「ゴッドファーザー」3部作一挙放映などなど、観てはせっせとブログ更新していて、ブログ訪問が滞ってました。
コレクションの準備で大変だったようですね。
さてこの写真みて、「ピアノ・レッスン」という映画を思い出しました。オーストラリアに上陸した主人公と娘が、まだ見ぬ夫の迎えを待ってボーンの中で一晩海岸で過ごしてましたね。面白い演出だなって、印象的でした。
オシャレにも基本があって、そこから自分流の着崩しが出てくるとおもうんだけど、最近は街で「そんなん あり?!」って言うのも見かけるし、冠婚葬祭でも、葬儀の服もずいぶんと砕けてきた。格式ばる必要はないのだけれど、死者を悼むという気持ちを服装にこめて、仏事の洋服の決まりごとってあると思うのだけれど、その辺が最近はないがしろになってるみたいに思う。
by patronistaT | 2009-02-09 01:36 | アンティーク古道具 | Trackback | Comments(15)